■掲示板に戻る■ レスを全部読む 最新レス50
【緊急】九州の地震・災害・気象情報.等総合スレ48【速報】
261 名前: 名無しでよか? 投稿日: 2016/12/13(火) 12:05:37 ID:Ba9DvOkg [ pw126237085051.13.panda-world.ne.jp ]
災害情報は、自分で判断をするための、公的サポートに過ぎないってことです。いまいる場所は津波やがけ崩れが起きるのか、築年数や避難者人数がどれくらいいるか、、火事や避難経路が無事かまでは考慮は不可能です。おなじ益城町でも被害が少ない地区もあります。断層に沿っていたかや地盤と築年数で被害は大きく違います。実際の避難は個々で判断するしか出来ません。だから可能性がある時点で情報は出される必要があると思います

身を守る判断はその場で自分がやらなきゃ、助かるものも助からないよ


避難勧告や災害情報はなにも起こらないようにするため出されます。一日目わたしは情報は待たずに避難準備を始めました。続く余震ですぐ家族と避難開始。逃げる途中マンションのエントランスに溜まってるたくさんの人を見ました。指定避難所は数分のところでしたから場所だけ伝えて先に行きます。数時間後大量の避難民が押し寄せました

一日目の揺れで家にダメージあるのに逃げない年寄りがいました。おそらく経験上ずっと大丈夫だったからでしょう。二日目の数十人の死者はそれです。いきなりぶっ潰れた家はほとんどありませんでした。全体から見れば「たった」数十人ですから、大半は無理に逃げなくとも大丈夫だったわけです

逃げなくても「悪く」はありません。ライオンに襲われたシマウマの群れで逃げ遅れる個体がいるのとおなじです。ごく自然です。情報を共有し可能な対策を打つことの出来るシマウマばかりならライオンは獲物にありつけないでしょう。全員が自分で判断が出来なくとも仕方ありません。わたしは声はかけて先に行きます

名前: E-mail(省略可)
read.cgi V2.1(PC) 2013/05